インフルエンザの症状を知っておこう|冬になる前に対処

ウィルス

風邪によく似た病気とは

婦人

高熱や関節の痛み

インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染して発症する病気で、感染力が強いことから学校やなどでは休校になる場合もあります。インフルエンザに感染している人の咳やくしゃみの中に存在するウイルスが体内入り込んで感染します。ウイルスの潜伏期間は、約1〜2日で発症すると急激に症状が進行します。38度以上の高熱や強い寒気、強い関節痛、のどの痛みなど全身に症状が出ます。高熱は4〜5日程度で平熱に下がりますがほかの症状はおよそ10日間続きます。インフルエンザとよく似た風邪は、発熱の高さと症状の出方が違います。風邪は発熱が37度台でインフルエンザのような38度台以上の高熱は出ません。また、風邪はのどの痛みや鼻水など体の一部分にだけ症状が出るのが特徴で3〜4日、長くても1週間程度で治ります。病院ではインフルエンザの検査方法は、簡易キットを使ってのどや鼻の粘膜上にウイルスがいないか調べ、吸引薬のリレンザや飲み薬のタミフルなどの抗インフルエンザ薬で治療を行います。病院で薬を貰ったら栄養を摂りながら休養して回復するのを待ちます。インフルエンザは、咳やくしゃみなどの飛沫感染が原因です。丁寧な手洗いやマスクの着用も効果があります。また、定期的なインフルエンザの予防注射は、予防だけでなく重症化を防止する効果もあります。インフルエンザは冬の乾燥した時期に流行するので、不特定多数の人が集まる場所を避けることも予防に繋がります。