インフルエンザの症状を知っておこう|冬になる前に対処

ウィルス

なぜ口が乾くのかを知ろう

マスクの男性

適切な水分補給が大事

インフルエンザの症状には、38度を超える高い熱に、頭痛、関節痛、筋肉痛、咽頭痛などの痛みがあります。そのほかに訴えられることが多い症状に口の中が異常に乾くというのがあります。これは、高い熱によって体が熱くなり、汗をかくことで脱水症状を起こしていると考えられますので、適切な水分補給がもっとも重要です。最近、インフルエンザにかかって医療機関を受診すると、経口補水液がよく勧められるようになりました。これは水に適度な塩分を加え、脱水症状で体の中から水分と一緒に奪われる塩分を補えるようにしたドリンクです。水よりも体への吸収がよくなっており、飲む点滴としての役割も果たしますので、こまめに飲むことで体が楽になっていく可能性が高くなります。また、水分補給の際、普通の水よりもスポーツドリンクの方が体への吸収が早いため、のどの渇きの症状を早く何とかしたいという時にはスポーツドリンクがおすすめです。ただし、スポーツドリンクには糖分がたくさん含まれていますので、インフルエンザの症状がひどくて起き上がれないために、歯磨きもままならないといった場合は、スポーツドリンクの摂りすぎが原因で虫歯になってしまうリスクが高くなってしまいますので注意が必要です。純粋に水分だけを補給するのであれば、水素水を用いるのもいいかもしれません。水素はもっとも小さな原子ですので、細胞の奥深くに浸透しやすくなっており、それだけ早く水分補給ができそうです。高熱が出て体が熱くなるのがインフルエンザの症状ですので、冷たくした水を飲むことによってのどの渇きをいやし、ついでに体の中を冷ますこともできます。